【雑談part2】ユーザデータの管理方法について語る

2015/11/15

おそらく攻略記事には反映しないであろう管理人のひとりごとを語るシリーズです。

今回はネタバレなしです。

ユーザデータとは

ユーザが所持しているユニットやシード、ルーンなどの情報、各種設定やlobiアカウントとの紐づけ情報、クエストのクリア状況などのことを指します。

ルーン・シードの獲得日時や強化履歴は管理されていないため、ミッション実装以前に達成していても反映されず、ルーン・シードは「新しい順」「古い順」で並び替えることはできません。

メルストでのユーザデータの管理方法

基本的に、メルストのユーザデータはハピエレ本社のサーバ(Android・iOS共通)と同期しているためユーザはどの端末(スマホ・タブレット)でログインしても同じユーザとしてプレイできます。

よって、仮に端末が破損したり、紛失した場合でも別の端末でインできるということになります。

この点に関してはTwitterやLobiなどのSNS、ネットゲームに近い管理方法と言えるでしょう。

ただし、例外として「各種設定」、「BGMの設定」、「lobiアカウントとの紐づけ」、「クエストの難易度とパーティの選択状態」は端末のアプリに保存されているため、別の端末でプレイする場合は設定しなおす必要があります。

他のゲームとの比較

一方、端末のアプリにユーザデータが保存されているゲームも存在し、こちらは「端末を紛失すると同じユーザとしてプレイ不可」「機種変更する際に引継ぎ設定が必須」となっています。

機種変更する場合のみ一時的に端末のユーザデータをサーバに保存し、引継ぎ先の端末でサーバからダウンロードします。

スマホゲームの多くはこちらの形式を採っており、基本的にひとつの端末でしかプレイできません。

これはコンシューマゲームに近い管理方法と言えると思います。

またゲームによっては、Android版とiOS版でサーバが異なる場合があり、引継ぎの方法が異なったり、Android版とiOS版のユーザが交流できないと言ったことが起こるため、友人に誘われてゲームを新規で始める場合は注意が必要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ