【雑談part1】☆3・☆4モンスターの違いについて考える

2015/11/13

おそらく攻略記事には反映しないであろう管理人のひとりごとを語るシリーズです。

※本記事にはストーリーのネタバレなどが含まれる場合があります。閲覧は自己責任でお願いいたします。

☆3・☆4モンスターとは

モンスターにはレアリティが設定されており、「☆1はスキルなしの通常モンスター」、「☆2はスキルありの通常モンスター」、「☆3・☆4はボスモンスター」のように分類されています。

ooo1

ooo2

ですが、☆3と☆4のボスモンスターの分類に明確な基準がなく、「なんでこのボスが☆4なのか?」と疑問に思う方もきっといらっしゃるはず。

一応、自動売却の設定やモンスターロトリーの排出率の違いはありますが、ここでは割愛させていただきます。

性能面における考察

スキルや防衛シードとしての性能に☆3と☆4の違いがあるのかを見ていきます。

例えば☆3のアウリエルと☆4のオルガウスはスキル「スタブソウル」を持っていますが、スキルの効果や再召喚を比較してみるとアウリエルのほうが優れていることがわかります。

ooo5

ooo6

よって、スキルの種類や性能によって分類されているわけではないと言えるでしょう。

次に防衛シードの性能面ですが、これは単純に比較するのは難しいです。

しかし、☆3のクイーンスピッツやギロスターなどの強ボスがいることなどから☆3が☆4よりも防衛シードの性能として劣っているとは言えないと思われます。

よって、性能面での違いで分類されているわけではないようです。

ストーリー上の役割

国別イベントやコラボイベントのボスは中ボスが☆3、大ボスが☆4になっていますが、メインストーリーのボスについてはどうでしょうか?

例えば、ストーリーで重要な役割を果たしているワイバーンが☆4であることは納得がいくと思います。

ooo7

また、設定上「成体ではない」とされるギロスターが☆3であることもこれを肯定する材料になります。

ooo4

それに対し、ストーリーでは挿絵すら登場しない空気モンスターのオルガウスも同じく☆4なのは「アレ?」と思われる方もいらっしゃるはずです。

ooo8

さらに、☆3スピッツの上位種であるクイーンスピッツも☆3なので、ちょっと疑問が出てきますね。

ooo3

「種族としての個体数が少ないモンスターは☆4」と解釈すればある程度は納得できるかもしれませんが、「逃げない!(裏)」のクエストや踏破イベントなどをやった後だと「本当に希少なのか?」と思ってしまいます。

これらのクエストは従来の設定を無視したエクストラステージだと割り切ってしまうといいのかもしれないですね。

線引きはあいまいですが、設定の都合でレアリティが設定されている線が有力なのではないでしょうか。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ