パーティ構築の基本

–«更新情報»————–
2016/10/13 『クエスト周回用』および『属性パーティ(回復ユニットあり)』で編成ボーナスについての記述を追記

パーティ構築概要

クエストの攻略・周回やギルドバトルなどの各場面に応じてパーティの構築が重要になってきます。

強力なユニットを持っていても活躍できる場面に合わせてパーティに組み込まないとかえって足を引っ張ってしまうでしょう。

裏を返せばどんなユニットでも的確な場面で使用すれば活躍できる見込みがあるということになります。

ここでは目的に合わせたパーティ構築の概要を説明していきます。

パーティは前衛ユニット(リーチ:~50)、中衛ユニット(リーチ:51~150)、後衛ユニット(リーチ:151~)からそれぞれユニットを選定して構築します。

ユニットの性能およびシードスキルルーンの性能はリンク先から確認できます。

クエスト用パーティ

通常クエスト攻略用

通常クエストやイベントクエストなどを確実に攻略するための構築です。

基本構成
①ユニット構成

基本的にパーティユニットの属性または武器種別は統一。
中衛ユニットを採用することでミドル系の編成ボーナスが発動し、シードの召喚SPおよび再召喚までの時間が減少し、効果が上昇します。

・前衛ユニット×1、後衛ユニット×3(中衛ユニットも場合によってはあり)、回復×1

・前衛ユニット×1、後衛ユニット×4(中衛ユニットも場合によってはあり)

・後衛ユニット×5(中衛ユニットも場合によってはあり)

②前衛ユニットの選定

モンスターの攻撃をできるだけ受けないようリーチが長めで同時攻撃数の多いユニット推奨です。

それらのユニットは総じて体力も高めなので、万が一攻撃が被弾してもある程度は耐えられます。

ライフルーンやガードルーンで耐久を上げたり、スピードルーンで他のユニットと足並みを揃えるといいでしょう。

③後衛ユニットの選定

移動速度が遅いと攻撃に参加できず、同時攻撃数が少ないユニットばかりだと多くの敵に対処できないため、単体火力よりも同時攻撃数や移動速度を優先して選ぶのがオススメです。

なお、後衛ユニット(中衛ユニット)がある程度育成できていれば、後衛と中衛ユニットのみの構築が最も攻略が楽になります。

④回復ユニットの選定

こちらも後衛ユニット同様に移動速度重視でいいでしょう。
スリップダメージのないクエストであれば同時回復数は1で十分です。

⑤シードスキルの選定

以下のスキルを優先的に採用します。

・ソウル系
必須のスキル。
場合によっては複数個入れてもいいでしょう。

・ブレイク系
クエストに出現するモンスターの属性に合わせたものを選択。

・パライズアサルト(パライズアサルツ)
大量に出現したモンスターの足止め用。
1waveごとの使用回数に制限があるので要注意。

・ビクトリーロアー
モンスター撃破時の獲得SPが増加。
効果は30秒間のみだが、重ね掛け無制限。

ただし、難易度が上がると獲得SPが減少するクエストも多く、その場合はほとんど元が取れない。

・スピリッツライズ
装備ユニットのGutsを一定値上昇させる。
ビクトリーロアーよりも安定しやすい。

クエスト周回用

クエストの攻略が安定し、効率的にボス周回などをしたい場合の構成です。

基本構成
①ユニット構成

基本的に後衛・中衛ユニットの属性または武器種別は統一。
以下の編成にすることで編成ボーナス『スリップストリーム』が発動し、パーティユニットの移動速度が20上昇します。

・前衛ユニット×1~2、中衛ユニット×1~2、後衛ユニット×1~2

②前衛ユニットの選定

移動速度重視で選定します。
モンスターの撃破は後衛・中衛ユニットで行い、前衛ユニットは走らせるだけになります。

前衛ユニットが交戦してしまうと大幅なロスになるため、保険として前衛ユニットを2人入れることも視野に入ります。

③中衛・後衛ユニットの選定

移動速度と単体火力で選定します。
移動速度が遅いと攻撃に参加できず、また、攻撃の予備動作が長くても攻撃の参加に遅れてしまいます。

⑤シードスキルの選定

以下のスキルを優先的に採用します。

・ソウル系
ほぼこれ一択です。
得意属性のユニットで固めている場合、ブレイクを入れてもあまりダメージが増えません。

ギルドバトル用パーティ

属性パーティ(回復ユニットあり)

ユニットの属性によってソウル系の効果が適用される通称『属性ソウル』を使用したパーティです。

属性ソウルは『ファイアソウル(炎属性ユニット)』、『アクアソウル(水属性ユニット)』、『ウインドソウル(風属性ユニット)』、『ライトソウル(光属性ユニット)』、『ダークソウル(闇属性ユニット)』が存在し、それぞれ該当の属性のユニットの攻撃力が増加します。

また、属性ソウルは武器種別を選ばないため、安定した構築になりやすく、武器ソウルと異なり回復ユニットにも効果が適用されます。

反面、武器ソウルよりも効果が低く、全体的な火力が控えめになっています。

ゲームを開始して間もない頃はこの編成を推奨します。

基本構成
①ユニット構成

基本的にパーティユニットの属性は統一。

・前衛ユニット×1、後衛ユニット×3(中衛ユニットも場合によってはあり)、回復×1

②前衛ユニットの選定

回復ユニットがいるため、被弾すること前提でユニットを選定することができます。ユニットは体力重視で選ぶといいでしょう。

ライフルーンやガードルーンで耐久を高めたり、ドッジルーンやエンデュアルーンで保険をかけることもできます。

③後衛ユニットの選定

武器種別が弓矢や銃弾で偏っていると、それぞれ外皮が硬いボスと柔らかいボスで処理に時間がかかってしまうため、弓矢・銃弾・魔法ユニットを1人ずつ入れるといいでしょう。

そうすることで編成ボーナス『バラエティーズ』が発動し、パーティユニットの体力・攻撃力が10%上昇します。

また、全員が単体攻撃のユニットだと通常モンスターに攻撃が吸われてしまい、結果的にダメージ効率が落ちてしまいます。

複数体攻撃のユニットを1、2名入れることを推奨します。

④回復ユニットの選定

前衛ユニットのみ回復できれば良いため、単体回復量の多いユニットを採用します。

また、一部のユニットは多段回復であるため、多段攻撃のボスの攻撃を受けても回復が間に合いやすいです。

⑤シードスキルの選定

以下のスキルを優先的に採用します。

・属性ソウル
必須スキルです。
パーティの属性にあったものを選択。

・ブレイク系
パーティの苦手な属性(水属性ならウインドブレイク、など)を優先。

また、前衛ユニットと同属性のブレイクを採用することで回復ユニットによる回復量も増加。

・テラーロアー
ボスからの被ダメージを軽減可能。
軽減率も高めなので、攻撃を耐えられる範囲が大きく広がる。

・スピリッツライズ
装備ユニットのGutsを一定値上昇させる。
ギルドの応援が足りないときに。

回復ユニットはソウルとブレイクで十分な回復量を確保できるため、他のユニットに装備させたい。

属性パーティ(回復ユニットなし)

ユニットの属性によってソウル系の効果が適用される通称『属性ソウル』を使用したパーティです。

上記とは異なり、こちらは回復を抜いた構成になるため、前衛ユニットのBCが必須になります。

武器パーティよりも火力面では劣りますが、各武器種別のユニットを同時に育成できるため応用が効きやすいのがメリットです。

基本構成
①ユニット構成

基本的にパーティユニットの属性は統一。

・前衛ユニット×1、後衛ユニット×4(中衛ユニットも場合によってはあり)

②前衛ユニットの選定

回復がおらず、BCで回避することが前提なため、BCと被弾時のケアのしやすさで選定するといいでしょう。

一部のタフネスの高い盾装備のユニットなどはエンデュアルーンの効果が確定で発動し、移動速度も遅めでリーチも短いため復帰は遅いですがBCはしやすいです。

また、エンデュアルーン確発でないユニットでも発動することが多いため保険として装備させておくといいでしょう。

③後衛ユニットの選定

武器種別が弓矢や銃弾で偏っていると、それぞれ外皮が硬いボスと柔らかいボスで処理に時間がかかってしまうため、弓矢・銃弾・魔法ユニットをバランスよく入れるといいでしょう。

ユニットの育成に余裕が出てくればギルドバトルの特効日に合わせて、特効が適用されているユニットを多めに入れることもできます。

また、全員が単体攻撃のユニットだと通常モンスターに攻撃が吸われてしまい、結果的にダメージ効率が落ちてしまいます。

複数体攻撃のユニットを1、2名入れることを推奨します。

⑤シードスキルの選定

以下のスキルを優先的に採用します。

・属性ソウル
必須スキルです。
パーティの属性にあったものを選択。

・ブレイク系
パーティの苦手な属性(水属性ならウインドブレイク、など)を優先。

回復ありのパーティとは異なり、テラーロアーなどを入れる必要がないため、そのぶんブレイク系スキルを多めに入れることができます。

武器パーティ

ユニットの武器種別によってソウル系の効果が適用される通称『武器ソウル』を使用したパーティです。

武器ソウルは『ストライクソウル(打撃・銃弾)』『スタブソウル(突撃・魔法)』『スラッシュソウル(斬撃・弓矢)』が存在し、それぞれ該当の武器種別のユニットの攻撃力が増加します。

また、武器ソウルは属性ソウルよりも効果が高くユニットも属性統一するよりも揃えやすいのが利点です。

反面、回復ユニットに適用される武器ソウルが存在せず、また武器種別による長所と短所が明確なため苦手なボスに対する対処法を常に考慮する必要があります。

一応、回復ユニットに関してはブレイク系だけで十分な回復量を確保できるものの、ブレイク5回が乗り切るまでの間の回復量が不足してしまうことがあります。

基本構成
①ユニット構成

以下のいずれかでパーティを構築。後衛ユニットの武器種別は統一。

(1)前衛ユニット×1、後衛ユニット×4(中衛ユニットも場合によってはあり)

(2)前衛ユニット×1、後衛ユニット×3(中衛ユニットも場合によってはあり)、回復×1

②前衛ユニットの選定

①-(1)の場合
回復がおらず、BCで回避することが前提なため、BCと被弾時のケアのしやすさで選定するといいでしょう。

一部のタフネスの高い盾装備のユニットなどはエンデュアルーンの効果が確定で発動し、移動速度も遅めでリーチも短いため復帰は遅いですがBCはしやすいです。

また、エンデュアルーン確発でないユニットでも割と高確率で発生することが多いため保険として装備させておくといいでしょう。

①-(2)の場合:回復ユニットがいるため、被弾すること前提でユニットを選定することができます。ユニットは体力重視で選ぶといいでしょう。

ライフルーンやガードルーンで耐久を高めたり、ドッジルーンやエンデュアルーンで保険をかけることもできます。

③後衛ユニットの選定

後衛ユニットの属性が偏っていると、苦手な属性のボスで処理に時間がかかってしまい、モンスターが被りやすくなってしまいます。

極力苦手な属性のボスを作らないようにユニットの属性をばらけさせるといいでしょう。

◆参考◆

ギルバト用BCパーティ考察(ストライクソウルパーティ)

ギルバト用BCパーティ考察(スタブソウルパーティ)

ギルバト用BCパーティ考察(スラッシュソウルパーティ)

ソーサリールーンパーティ

魔法ユニット専用ルーンである『ソーサリールーン』を利用したパーティです。

『ソーサリールーン』を装備したユニットの攻撃でモンスターをノックバックさせつづけてダメージを蓄積させるため、通常のパーティとはプレイイングが変わってきます。

『ソーサリールーン』の効果を最大限に発揮するために多段魔法ユニットをメインで採用する必要があるため、スタブソウルパーティよりも構築難易度が高いです。

また、この構築は派生が多いので、自分のプレイスタイルに合ったパーティを作るといいでしょう。

◆参考◆
ギルバト用パーティ考察(ソーサリールーンパーティ)

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ