天空層でのベルセルク調整(エクストラクエスト攻略)

–«更新情報»————–
2016/10/1 『『濤塔』での調整』『『叩塔』での調整』に参考動画を追加

ベルセルク調整とは?

エクストラクエストの天空層では、撃退数や移動距離などをランキング化して競いますが、そこで重要になるのが『ベルセルクルーン』の存在です。

ベルセルクルーンは与ダメージが最大で約86%増加するため、後衛・中衛ユニットに装備させて、如何にして低体力を維持するかが重要になってきます。

調整の概要

基本的に序盤のボスモンスターの攻撃でユニットの体力を調整することになります。

被弾1~2回で残り体力がギリギリになるように調整するのが理想で、1回の被弾で耐えられない場合、ライフルーン・属性ガード、ゼネラルガードを装備して耐えるようにしましょう。

また、調整用のボスの同時攻撃数を把握することも重要で、1回の攻撃で調整できるユニット数に直結します。

同時攻撃数を誤って把握していると、攻撃がバックさせていないユニットすべてに被弾しなかったり、主人公が必要以上に被弾してクエスト失敗になってしまいます。

なお、ボスの移動速度が遅すぎる(ニグレットなど)と、ボスが近づいて来る前に他のモンスターが出現し、接近されてしまうので、その場合は別のボスで調整しましょう。

ベルセルク調整・実践

『濤塔』での調整

『濤塔』での調整ですが、『速塔』や『到塔』でも応用が可能です。

調整の大まかな手順は以下のとおりです。

①調整用のボスが近づいてくるまでの間に周りのモンスターを倒し、ユニット全員をバックさせておく

②ボスが近づいてきて攻撃してくる寸前でユニットを前に出し、被弾させる

③調整したいユニットが残っている場合、②で被弾させたユニットをバックさせる

②に戻る

ここで被弾1~2回でちょうど体力を調整できればいいのですが、1回目の被弾で中途半端に体力が残ってしまう場合もあるため、その際には「Gutsを一旦少なめに振っておき(目標Gutsよりも2~3程度少なく)、1回目の被弾の直後にGutsを上げる」ことで対応できます。

スピリッツライズでGutsを上げている場合も同様です。
(1回目の被弾の直後にスピリッツライズを発動)

◆参考動画◆

『叩塔』での調整

『叩塔』での調整は、基本的には『濤塔』などでの手順とほぼ同じなのですが、こちらは「Gutsアップで体力を調整する」という手段が取れません。

そのため、中途半端に体力が残ってしまうのも止むを得ない…ということもなく、「ボスが出てくる前に予め体力が残りそうなユニットを☆1・☆2モンスターの攻撃で削っておく」という方法を取ることができます。

『叩塔』はユニットアイコンをタップしなければユニットが攻撃しないため、☆1・☆2モンスターを誤って倒してしまう心配がないのがメリットです。

また、ボスでの調整も同様にボスを途中で倒してしまうことがないので、比較的やりやすいです。

◆参考動画◆

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ