裏ステージ攻略(準備)

1.パーティの方針の決定

まずは、どういうパーティで攻略するかをきめましょう。

以下の構成について説明します。

 

①属性パーティ(前衛あり・BCなし)

②属性パーティ(前衛あり・BCあり)

③属性パーティ(前衛なし)

④武器パーティ(前衛あり・BCなし)

⑤武器パーティ(前衛あり・BCあり)

⑥武器パーティ(前衛なし)

 

①属性パーティ(前衛あり・BCなし)

もっとも一般的な構成で、敵の攻撃を耐えながら攻撃していくスタイルです。

通常クエストやギルバトパーティをほぼそのまま利用できるのがメリットです。

 

ただし、中ボスおよびボスモンスターの攻撃力はすさまじく、「テラーロアー」や「ヒールドーテ」などのシードスキルや「○○ガード」などのルーンを最大限に利用しないと一撃で倒されてしまいます。

▼続きを読む

≪前衛ユニットについて≫

ライフルーンやガード系ルーンを装備するのはもちろんですが、

前衛を体力重視で選ぶ場合、移動速度が遅くなりがちで、「ステージの距離が長い」、「スリップダメージでノックバックする」ことも考慮するとスピードルーンもほぼ必須です。

また、優先してガッツを上げる必要があるため、「スピリッツライズ」や「ビクトリーロアー」といったシードスキルも準備しましょう。

≪回復ユニットについて≫

スリップダメージを回復するため、同時回復数が2以上のユニットが望ましいです。

一部のボスクエストを除くとリーチを気にする必要はありませんが、前衛ユニットが敵の攻撃を受ける都合上、最低限の回復力が必要になります。

ソウル系やブレイク系(前衛ユニットと同じ属性)のシードスキル、アタックルーンや属性ルーン(前衛ユニットと同じ属性)で回復量を底上げしましょう。

≪後衛ユニットについて≫

回復ユニット同様、一部のボスクエスト以外ではリーチを気にする必要はありません。

後衛ユニットは体力が低く、スリップダメージで簡単にノックバックしてしまうので、スピードルーンで移動速度を上げたり、ライフルーンで余裕を持たせるといいでしょう。

魔法系ユニットの大半が移動速度が遅いため、ルーンで補強しないと最悪、移動すらままなりません。

また、裏ステージはクエストごとに武器補正の差が顕著に表れるため、「魔法補正35%のクエストに魔法ユニット3人を入れる」などの構成になると深刻な火力不足に陥ってしまいます。

そのため、全クエストを1パーティで攻略するのであれば、銃、弓、魔法ユニットをそれぞれ一人ずつ入れると多少は安定します。

[シードスキルの選定]

・属性ソウル

これは必須です。後衛ユニットの火力補強、回復ユニットの回復量増加を目的とします。

効果重視で選びましょう。

・ブレイク(クエストによって変更)

こちらもほぼ必須です。

ソウル同様効果重視で。

・テラーロアー

中ボスおよびボス出現時に使用します。

・ヒールドーテ

無理に入れる必要はないですが、あると便利です。

・スピリッツライズ

前衛ユニットのガッツ上げ用です。

ビクトリーロアーと選択で。

・ビクトリーロアー

敵の数が多いため、大量のSPを確保できます。

重ね掛け可能。

たたむ

 

②属性パーティ(前衛あり・BCあり)

こちらもギルバトパーティなどをほぼ使いまわせます。

ボスの攻撃を回避しつつ、攻撃していくスタイルです。

▼続きを読む

≪前衛ユニットについて≫

移動速度と火力重視で選んで問題ないでしょう。

ただし、前述のスリップダメージがあるため、ライフルーン推奨です。

 

運用としてはボス出現時やタッチダウン目的で前進させていきます。

中ボスは移動速度が遅いものが大半でリーチも短いため、無理に前進させる必要はないです。

 

≪回復ユニットについて≫

スリップダメージを回復するため、同時回復数が2以上のユニットが望ましいです。

基本的にスリップダメージの回復のみとなるため、回復量の底上げはほぼ必要ありません。

移動速度やSPボーナス重視で選んでもいいでしょう。

≪後衛ユニットについて≫

※以下は①と同内容です。

回復ユニット同様、一部のボスクエスト以外ではリーチを気にする必要はありません。

後衛ユニットは体力が低く、スリップダメージで簡単にノックバックしてしまうので、スピードルーンで移動速度を上げたり、ライフルーンで余裕を持たせるといいでしょう。

魔法系ユニットの大半が移動速度が遅いため、ルーンで補強しないと最悪、移動すらままなりません。

また、裏ステージはクエストごとに武器補正の差が顕著に表れるため、「魔法補正35%のクエストに魔法ユニット3人を入れる」などの構成になると深刻な火力不足に陥ってしまいます。

そのため、全クエストを1パーティで攻略するのであれば、銃、弓、魔法ユニットをそれぞれ一人ずつ入れると多少は安定します。

[シードスキルの選定]

・属性ソウル

これは必須です。後衛ユニットの火力補強を目的とします。

効果重視で選びましょう。

・ブレイク(クエストによって変更)

こちらもほぼ必須です。

ソウル同様効果重視で。

・スピリッツライズ

後衛ユニットのガッツ上げ用です。

ビクトリーロアーと選択で。

・ビクトリーロアー

敵の数が多いため、大量のSPを確保できます。

重ね掛け可能。

・パライズアサルト

BC失敗時の保険などに入れておくと重宝します。

たたむ

 

③属性パーティ(前衛なし)

後衛と回復のみの構成です。

火力重視でBCも必要ありませんが、火力が足りないとゴリ押しされてしまいます。

▼続きを読む

≪回復ユニットについて≫

※以下は②と同内容です。

スリップダメージを回復するため、同時回復数が2以上のユニットが望ましいです。

基本的にスリップダメージの回復のみとなるため、回復量の底上げはほぼ必要ありません。

移動速度やSPボーナス重視で選んでもいいでしょう。

≪後衛ユニットについて≫

回復ユニット同様、一部のボスクエスト以外ではリーチを気にする必要はありません。

後衛ユニットは体力が低く、スリップダメージで簡単にノックバックしてしまうので、スピードルーンで移動速度を上げたり、ライフルーンで余裕を持たせるといいでしょう。

魔法系ユニットの大半が移動速度が遅いため、ルーンで補強しないと最悪、移動すらままなりません。

この構成では火力は特に重要で、クエストに有利な武器のユニットを最低でも二人は入れておきたいです。

[シードスキルの選定]

・属性ソウル

これは必須です。後衛ユニットの火力補強を目的とします。

効果重視で選びましょう。

・ブレイク(クエストによって変更)

こちらもほぼ必須です。

ソウル同様効果重視で。

・パライズアサルト

この構成ではほぼ必須です。

中ボスおよびボスの足止めに使用します。

・スピリッツライズ

後衛ユニットのガッツ上げ用です。

ビクトリーロアーと選択で。

・ビクトリーロアー

敵の数が多いため、大量のSPを確保できます。

重ね掛け可能。

たたむ

 

④武器パーティ(前衛あり・BCなし)

後衛の武器種別を統一し、「スタブソウル」、「スラッシュソウル」、「ストライクソウル」のシードスキルをメインに火力補強するスタイルです。

銃、弓、魔法それぞれのパーティを用意できれば攻略難易度は激減します。

▼続きを読む

≪前衛ユニットについて≫

※以下は①と同内容です。

ライフルーンやガード系ルーンを装備するのはもちろんですが、

前衛を体力重視で選ぶ場合、移動速度が遅くなりがちで、「ステージの距離が長い」、「スリップダメージでノックバックする」ことも考慮するとスピードルーンもほぼ必須です。

また、優先してガッツを上げる必要があるため、「スピリッツライズ」や「ビクトリーロアー」といったシードスキルも準備しましょう。

≪回復ユニットについて≫

スリップダメージを回復するため、同時回復数が2以上のユニットが望ましいです。

一部のボスクエストを除くとリーチを気にする必要はありませんが、前衛ユニットが敵の攻撃を受ける都合上、最低限の回復力が必要になります。

ソウルの効果が乗らないですが、ブレイク系(前衛ユニットと同じ属性)のシードスキル、アタックルーンや属性ルーン(前衛ユニットと同じ属性)で回復量を底上げすれば時間はかかりますが何とか回復が間に合います。

≪後衛ユニットについて≫

回復ユニット同様、一部のボスクエスト以外ではリーチを気にする必要はありません。

基本的に火力重視で選びましょう。

属性は気にしなくても大丈夫です。

また、同時攻撃数2以上のユニットも一人は入れておきましょう。

銃ユニットはペネトレイトルーンでカバーすることも可能です。

ただし、弓は単体攻撃ユニットしか存在しません。

ガッツ上げを駆使して殲滅速度を上げる必要があります。

[シードスキルの選定]

・武器ソウル

これは必須です。後衛ユニットの火力補強増加を目的とします。

・ブレイク(クエストによって変更)

こちらも必須です。

効果重視で。

・テラーロアー

中ボスおよびボス出現時に使用します。

・ヒールドーテ

無理に入れる必要はないですが、あると便利です。

・スピリッツライズ

前衛ユニットのガッツ上げ用です。

ビクトリーロアーと選択で。

・ビクトリーロアー

敵の数が多いため、大量のSPを確保できます。

重ね掛け可能。

たたむ

 

⑤武器パーティ(前衛あり・BCあり)

後衛の武器種別を統一し、「スタブソウル」、「スラッシュソウル」、「ストライクソウル」のシードスキルをメインに火力補強するスタイルです。

こちらはBCも利用します。

▼続きを読む

≪前衛ユニットについて≫

※以下は②と同内容です。

移動速度と火力重視で選んで問題ないでしょう。

ただし、前述のスリップダメージがあるため、ライフルーン推奨です。

運用としてはボス出現時やタッチダウン目的で前進させていきます。

中ボスは移動速度が遅いものが大半でリーチも短いため、無理に前進させる必要はないです。

≪回復ユニットについて≫

※以下は②と同内容です。

スリップダメージを回復するため、同時回復数が2以上のユニットが望ましいです。

基本的にスリップダメージの回復のみとなるため、回復量の底上げはほぼ必要ありません。

移動速度やSPボーナス重視で選んでもいいでしょう。

≪後衛ユニットについて≫

※以下は④と同内容です。

回復ユニット同様、一部のボスクエスト以外ではリーチを気にする必要はありません。

基本的に火力重視で選びましょう。

属性は気にしなくても大丈夫です。

また、同時攻撃数2以上のユニットも一人は入れておきましょう。

銃ユニットはペネトレイトルーンでカバーすることも可能です。

ただし、弓は単体攻撃ユニットしか存在しません。

ガッツ上げを駆使して殲滅速度を上げる必要があります。

[シードスキルの選定]

・武器ソウル

これは必須です。後衛ユニットの火力補強増加を目的とします。

・ブレイク(クエストによって変更)

こちらも必須です。

効果重視で。

・スピリッツライズ

後衛ユニットのガッツ上げ用です。

ビクトリーロアーと選択で。

・ビクトリーロアー

敵の数が多いため、大量のSPを確保できます。

重ね掛け可能。

・パライズアサルト

BC失敗時の保険などに入れておくと重宝します。

たたむ

 

⑥武器パーティ(前衛なし)

後衛の武器種別を統一し、「スタブソウル」、「スラッシュソウル」、「ストライクソウル」のシードスキルをメインに火力補強するスタイルです。

構築難易度が高いですが、③のパーティよりも火力が高いです。

▼続きを読む

≪回復ユニットについて≫

※以下は②と同内容です。

 

スリップダメージを回復するため、同時回復数が2以上のユニットが望ましいです。

 

基本的にスリップダメージの回復のみとなるため、回復量の底上げはほぼ必要ありません。

移動速度やSPボーナス重視で選んでもいいでしょう。

 

≪後衛ユニットについて≫

※以下は④、⑤と同内容です。

 

回復ユニット同様、一部のボスクエスト以外ではリーチを気にする必要はありません。

基本的に火力重視で選びましょう。

属性は気にしなくても大丈夫です。

 

また、同時攻撃数2以上のユニットも一人は入れておきましょう。

銃ユニットはペネトレイトルーンでカバーすることも可能です。

ただし、弓は単体攻撃ユニットしか存在しません。

ガッツ上げを駆使して殲滅速度を上げる必要があります。

 

[シードスキルの選定]

・武器ソウル

これは必須です。後衛ユニットの火力補強増加を目的とします。

 

・ブレイク(クエストによって変更)

こちらも必須です。

効果重視で。

 

・パライズアサルト

この構成ではほぼ必須です。

中ボスおよびボスの足止めに使用します。

 

・スピリッツライズ

後衛ユニットのガッツ上げ用です。

ビクトリーロアーと選択で。

 

・ビクトリーロアー

敵の数が多いため、大量のSPを確保できます。

重ね掛け可能。

たたむ

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ