降臨イベントの考察

–«更新情報»————–
2017/3/20 降臨イベントの仕様変更を反映

降臨イベントとは?

※本記事は2017年3月開催の降臨イベントの情報を基に記載しています。

また、撃退報酬および総ダメージ報酬の受け取り条件についての変更は、未反映です。

約2か月に一度開催が予定されているイベントです。

レート帯によってマッチングした4ギルドで協力して降臨ボスを撃退するイベントになります。
ギルドバトルよりもレートの差が大きくてもマッチングするようになっています。

ギルドバトル同様、ギルドバトル参加日程を設定していない場合、降臨イベントも不参加になります。

またBPを消費するため、開催中はギルドバトルが非開催になります。

降臨イベントのルール

イベントの進め方の詳細はゲーム内のお知らせなどを確認するのが一番ですが、ここでも簡潔にまとめておきます。

①降臨ボスは撃退する度にレベル・体力・攻撃力が上昇する。

②降臨ボスを撃退した際、降臨ボスのレベルに応じて一定の貢献(※1)をした参加者全員に報酬を付与。(報酬は翌日配布)

③開催全日を通して、降臨ボスに与えた総ダメージに応じて一定の貢献(※2)をした参加者全員に報酬を付与。(報酬はイベント終了後に配布)

④4ギルドによって降臨ボスに与えた累計ダメージをランキング化し、順位に応じて参加者全員に報酬を付与。(ランキングは1日ごとの累計ダメージでエントリー。報酬はイベント終了後に配布)

⑤降臨ボスのシードは獲得不可

⑥開催時間は8:00~12:00(朝の部)、および19:00~23:00(夜の部)(出撃後のダメージは朝の部は12:10、夜の部は23:10までのクリア分のみ反映)。

⑦12:00~19:00までは休憩時間となり、『攻撃』『挑発』『号令』コマンドが使用不可(『応援』『支援』『降臨モンスタールーム』は使用可)。

⑧降臨ボスは最もダメージを与えたギルドに向かって10回にわたって移動する。(移動速度は怒気ゲージによって変動)

⑨降臨ボスがギルドに最も接近した状態の場合、降臨ボスの移動タイミングごとにギルドのSPが1%ずつ減少する。

⑩降臨イベントで実行できるコマンドは以下のとおり。(画像はイメージです。)

CVZNObLU8AAGVbB

・『攻撃』(消費BP30~100)

急撃(30BP・40秒間)、強撃(60BP・80秒間)、猛撃(100BP・120秒間)のいずれかで出撃。
降臨ボスとの位置関係により、与ダメージが変動する。(正面:1倍、側面:最大1.5倍、背面:最大2倍)

3ギルドから攻撃すると部位数が表示されるようになる。

また、出撃時の武器補正はギルドバトルの特効日と同一(特効日は『カレンダー』参照)。

※ダメージの上限は「999,999,999」

・『挑発』(消費BP15)

降臨ボスに1億ダメージ分のヘイトを蓄積させる。(実際にはダメージを与えない)

・『応援』(消費BP25)

自ギルドのSPを200増加させる。

・『支援』(消費BP0)

自身のBPを30回復させる。
自身による連続使用は不可だが、(自ギルド・他ギルド問わず)他のプレイヤーが使用した場合に再度使用可能。

・『号令』(消費SP50,000)

10分間、自ギルドのギルドメンバー全員の出撃・挑発によるダメージを1.5倍にする。
ギルドマスター・サブマスターのみ使用可能。

・『降臨モンスタールーム』

参加ギルドのメンバー全員が書き込み・閲覧可能なルーム。

 

⑪降臨ボスは出現時に属性・部位数(1~5)が決定し、中央の巣に戻った場合、部位数が1~5に変化する。(属性は出現時のみ変化)

⑫降臨ボスが中央の巣に戻った場合、最低でも残存体力の2%ダメージ(※3)を与える。

⑬降臨ボスは出撃中に攻撃パターンが変化する。(後述)

⑭『ペネトレイトルーン』は「複数のモンスターにダメージを与える効果」であるため、部位数が複数でも単一モンスター扱いの降臨ボスには発動しない。

⑮降臨ボスのレベルに応じて仲間救援のGutsに補正がかかる。(『ギルド施設について』参照)

⑯前衛職ルーン(『エグザントルーン』『リトラクトルーン』『フィクセイトルーン』)および『ソーサリールーン』は、降臨ボスの部位数にかかわらず、1つの部位に対してのみ発動する。

⑰降臨イベント開催前に『ギルド設定』から『降臨マッチング言語』を設定可能(ギルドマスター・サブマスターのみ設定可能)。設定した言語が同じギルド同士がマッチングしやすくなる。

⑱降臨ボスに与えた個人総ダメージをランキング化し、上位500名に順位に応じてダイヤの欠片を配布。(ランキングは1日ごとの個人総ダメージでエントリー。報酬はイベント終了後に配布)

⑲『挑発』コマンドを行った回数をランキング化し、上位200名(※4)に順位に応じてダイヤの欠片を配布。(ランキングは1日ごとの挑発回数でエントリー。報酬はイベント終了後に配布)

 

※1.撃退報酬の受け取り条件として、「撃退レベル×1,000万ダメージ」を与える必要あり。また、ダメージ量には「消費Bp×30,000」が追加される。
(ex.撃退レベル50までの報酬をすべて受け取るには1日で5億ダメージを与えなければならない)


※2.総ダメージ報酬の受け取り条件として、「2日間の総ダメージの0.1%」を与える必要あり。また、ダメージ量には「消費Bp×30,000」が追加される。
(ex.総ダメージ7,000億までの報酬をすべて受け取るには2日間で7億ダメージを与えなければならない)


※3.撃退レベルが24以下の場合、残存体力の「26-(撃退レベル)」が中央の巣に戻ったときのダメージになる。


※4.マッチングギルド内に、個人総ダメージでランキングに入賞したメンバーがいる場合のみエントリーされる。

降臨同盟について

1日目、2日目に対角線上に必ず配置される『降臨同盟ギルド』を指定できます。

・当日のマッチングは同盟ギルドの平均レートを参照する

・降臨同盟の申請はギルドマスターのみ可能(申請は相手ギルドのメンバーの個人ページ→『ギルド詳細』より)

・1日目、2日目で同じギルドは指定できない

・降臨イベント終了時に降臨同盟は解消される

降臨ボスの攻撃パターン

降臨ボスは通常のモンスターとは異なり、クエスト中に一定間隔(20秒)で攻撃パターンが変化します。

また、シードスキル『パライズアサルト』、『パライズアサルツ』使用中はその時点での攻撃パターンに固定されるため、範囲攻撃時に使用して与ダメージの増加する時間を延長することが可能です。

・近接攻撃(リーチ50以下)

多段攻撃だが範囲は狭い。
クエスト開始直後は必ずこの攻撃方法になる。(『猛撃』の場合のみ)

・遠距離攻撃(攻撃範囲150)

単段攻撃だが後衛以外は被弾する。
威力が高い。
降臨ボスの種類によってリーチが異なる。

・範囲攻撃

以下の範囲から1~2つを対象にして攻撃する。(多段攻撃・リーチ∞)

・0~50
・51~150
・151~200

範囲攻撃中は降臨ボスへの与ダメージが大幅に増加する。

また、ナイトルーンは装備したユニットが攻撃対象に含まれている場合のみ発動する。

なお、この攻撃のみ、主人公は被弾しない。

パーティ構築

部位数が複数あるため、同時攻撃数が多いユニットほど与ダメージの増加が見込めます。
(ex.部位数3で同時攻撃3のユニットで攻撃した場合、3体に攻撃した合計ダメージがそのまま与ダメージになる。)

◆参照◆
複数DPS一覧(前衛職)

複数DPS一覧(後衛職)

降臨ボスの部位数を調べたい場合、同時攻撃5のユニットで攻撃すると1回の出撃でわかります。
なお、クエスト中の降臨ボスの見た目からも判別可能。(以下の画像は部位数4のもの)

yyy1_0 yyy2
↑尻尾のトゲ(?)が4本光っています。

低レベル帯(降臨モンスターのレベル:~30程度)

降臨ボスのレベルが低いうちは、被ダメージが小さいため、回復ユニットを入れない構成でもいいでしょう。

前衛ユニットも特に必要ないため、合計DPS重視でユニットを選定します。

シードスキルはソウル系・ブレイク系・パライズアサルト・パライズアサルツ・エクステンドタイムで範囲攻撃が終わる直前にパライズ系を発動すると効率的にダメージを与えることができます。

※パライズ系スキルは麻痺状態のモンスターがいるときに発動すると効果時間が加算されて延長されるので、麻痺状態が終了するのを待ってから発動する必要はありません。

高レベル帯(降臨モンスターのレベル:31~)

降臨ボスのレベルが高くなってくると被ダメージが大きくなり、回復手段が必要になります。

特に範囲攻撃が強力なので同時回復3体の回復ユニットを入れておくといいでしょう。

また、レベル40以上になると中衛・後衛ユニットが攻撃を耐えられなくなるため、ライフルーン・ガードルーン・ナイトルーン・シードスキル『テラーロアー』などの被ダメージ軽減手段もほぼ必須です。

シードスキルはソウル系・ブレイク系・パライズアサルト優先で場合によってはテラーロアー、武器パーティで回復ユニットを入れる場合の回復ユニット用のソウル系、余裕があればパライズアサルツ・エクステンドタイムから選定します。

 
 

上記以外の構築として、回復ユニットを入れずに範囲攻撃が来たら最大ダメージ(「999,999,999」)を出して倒してしまう火力特化の編成も考えられます。

この場合は被ダメージの軽減手段や回復手段は不要なので、テラーロアーなどのシードスキルは不要でシードスキルはソウル系×2・ブレイク系・パライズアサルト・パライズアサルツが基本になります。

特に降臨ボスが高レベルのときに範囲攻撃が後衛に被弾した場合、すぐに倒されてしまうため、その前にパライズ系スキルを発動しましょう。

後衛の体力が削られることを利用してベルセルクルーンを装備するのも有効です。

なお、この方法で降臨ボスを倒しきれなかった場合、基本的には即撤退した方が時間効率がいいです。

 
 

また、フィクセイトルーンによる足止めやエグザントルーンによる撃破も有効であるため、中衛打撃で足止めしたり、エグザント救援を活用することもできます。

≪参考動画≫
ギロネウス(風属性 Lv88)

エレクトロキス(光属性 Lv52)

フロンウェンディ(炎属性 Lv60)

2 Responses to “降臨イベントの考察”

  1. しゃもじ より:

    こんばんは!いつもサイトをみて勉強させていただいてます。
    ギルドのメンバーに説明するために降臨の説明ページのURLをギルドのロビに貼りたいと考えているのですがよろしいでしょうか?他にしっかりと説明してあるサイトが少ないので宜しければお願いしたいです。

    夜分遅くに失礼致しました。

    • kage kage より:

      こんにちは。

      全然問題ありませんよ。

      私の許可もいらないです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ