ギルドバトルで祈り1万%をノーコンで突破する(BC実践編1)

なぜ祈り1万%なのか?

BC(バックキャンセル)の基本』にてBCのやり方について説明しましたが、その実践としてギルドバトルで祈り1万%(激ムズ・特効あり)をノーコンで突破することをひとつの目標にしてみましょう。

この祈り1万%は「育成さえできていれば☆3・☆4主体(☆5不要)のパーティでもボスが重ならずに対応できること」、「この祈り値を突破できるなら多くのギルドに対してGP争奪ができるようになること」、また「多くのSSギルドの加入条件を満たせるようになること」を理由としています。

よって、ギルドバトルでの祈り1万(激ムズ)を突破できることはひとつのラインになるでしょう。

※なお、今回の記事では武器パーティのみを扱います。属性パーティでは「特効がすべての後衛ユニットに乗らない」、「属性ソウルの倍率が低い」ことなどからボスが重なりやすくなるため対象外としています。

下準備

①ユニットの育成

今回は各種武器パーティでの突破を目標とします。

パーティは前衛1後衛4で後衛ユニットは単体DPSを重視して編成します。

前衛ユニットはルーン枠の開放を最低限とし、後衛ユニットは15覚醒を目指しましょう。

②シードの準備

・ソウル系
『スタブソウル(突撃・魔法)』、『スラッシュソウル(斬撃・弓矢)』、『ストライクソウル(打撃・銃弾)』のいずれかが必須になります。

・ブレイク系
各種単色ブレイクおよび複合ブレイクのボスシードをひととおり揃えておくといいでしょう。

☆2シードだと効果が低めで再召喚までの時間が長いため、特に序盤の対処に苦労します。

 

上記のスキルを持つ推奨シードはこちら

③ルーンの準備

後衛ユニット用のアタックルーン・クイックルーン・属性ルーン・各種後衛職専用ルーン(ソーサリー・アーチェ・ペネトレイト)および前衛ユニット用のタフネスルーン・エンデュアルーンの極良以上のルーンを用意しましょう。

ソーサリールーンについては、今回はスタブソウルパーティでの運用になりますが前衛退却時の保険として機能します。

また、前衛ユニットにはタフネスルーン・エンデュアルーン・ドッジルーンをつけて生存率を上げることを優先し、残りはベルセルクルーンで火力重視にするかヒーリングルーンで回復重視にするかの選択になります。

実践

スタブソウルパーティの場合

 

①パーティ編成例

xxx29_0

パーティユニットはいずれもダイヤスカウトなしで獲得できます。(アンとソワレは進化ユニット)

編成は前衛1後衛4になります。

前衛ユニットはリーチ11と短めでスタブソウルも乗るトラにしていますが、エンデュアルーン確発のユニットが居れば、ソウルが乗らなくても安定性が増すのでそちらもオススメです。

ソーサリールーンは多段攻撃ユニットのジャスミンとメランコリに装備しており、これだけでもクイーンスピッツなどの一部ボスの足止めには十分です。

 

装備シードはスタブソウル(突撃・魔法)・アクアブレイク・ウインドブレイク・ライトブレイク・マグマブレイク(炎・闇)となっています。

②防衛シードの編成例

xxx28_0

耐久が高くソサパに強いアンキロクロス・ダイオドルクス、BCパに厳しいクイーンスピッツ、汎用性の高めなマグナガルダ・ウェルネシアを並べています。

③攻略

魔法ユニットは弓矢ユニットや銃弾ユニットと比較すると火力が劣りがちであるため、ボスが重なりやすいですが、前衛ユニットが退却してもソーサリールーンのおかげでリカバリーが効きます。

クイーンスピッツが近づいて来たら早めに回避するようにしましょう。

また、ダイオドルクスはリーチが長く遠くから攻撃してくるため、こちらも注意です。

スラッシュソウルパーティの場合

 

①パーティ編成例

xxx31_0

パーティユニットはいずれも☆3ユニットでレア以上確定スカウトで獲得できます。(アーデのみゴルドスカウトでも獲得可能)

編成は前衛1後衛4になります。

前衛ユニットはリーチ15と短めでエンデュアルーン確発のアーデにしています。

後衛ユニットは同時攻撃数2のユイリアを採用していますが、弓矢ユニットの攻撃範囲は狭いので無理に複数攻撃ユニットを入れる必要はありません。

 

装備シードはスラッシュソウル(斬撃・弓矢)・ファイアブレイク・アクアブレイク・ライトブレイク・ストームブレイク(風・闇)となっています。

②防衛シードの編成例

xxx32_0

外皮が硬く弓に強いマグナガルダ・ボルキロネッラ・漆黒竜ベルナデッタ、ソサパに強めなヤンシェンメイ、銃への対策としてのセネガルガを並べています。

③攻略

セネガルガは攻撃判定の発生が早いため、早めの回避を心がけましょう。

他のボスもすべて多段攻撃なので前衛ユニットがアーデでも回避は必須になります。

ストライクソウルパーティの場合

 

①パーティ編成例

xxx30_0

パーティユニットはいずれも☆3ユニットでレア以上確定スカウトで獲得できます。(ルーイのみゴルドスカウトでも獲得可能)

編成は前衛1後衛4になります。

前衛ユニットはリーチ18と短めでストライクソウルも乗るルチアーノにしていますが、エンデュアルーン確発のユニットが居れば、ソウルが乗らなくても安定性が増すのでそちらもオススメです。

また、ヴィクトリカの代わりに☆3レナータを採用してもいいでしょう。単体DPSは若干落ちますがリーチが長いので事故率が下がります。

 

装備シードはストライクソウル(打撃・銃弾)・アクアブレイク・ウインドブレイク・ダークブレイク・フレアブレイク(炎・光)となっています。

②防衛シードの編成例

xxx27_0

外皮が柔らかく打撃・銃弾の攻撃がとおりづらいフォレストトン・ウェルネシア、BCパにとって厄介なバロンシャロン、そしてソサパにも強いヴィンデール・カウボルタスを並べています。

③攻略

バロンシャロンは攻撃時間が長く、バックと戻すタイミングを誤ると簡単に詰め寄られてしまいます。

他のボスはリーチが長いため、近づいて来たら早めにバックして回避しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ